ちゃんてる blog

毎日の生活で ちょっとずつ成長しレベルUPを目指すブログ

佐藤可士和展へ行ってみたのです

 

たいへんご無沙汰しております

 

しばらくお休みしていた間 自分を見つめ直してみたり 将来をイメージしてみたり・・・・・・・・・。

 

 

なんてそんなたいそうな理由もなく ただモヤモヤと過ごしておりました

 

文章を書くことがとても苦手な私ですが そんな苦手な作業でも少し続けた期間は 自分の中では少しメリハリのある生活だったように思うし 1日の行動を見直せる ”いい時間” があったように思います

なので さらっとブログ復活していきます

 

 

さてさて

今回は職場の若い女の子に勧められた展示会に行ってまいりました

六本木の国立新美術館で今開催されている

 

 

佐藤可士和

 

 

f:id:chantelu:20210416185736j:image

 

ごめんなさい 

美術館は好きですが たまに足を運ぶ程度で デザイン 美術館はど素人の私

お名前聞いても存じ上げませんでした💦

お恥ずかしい(~_~;)

 

なので まずネットで情報収集

すると まーなんとメジャーな作品を大量に作ってらっしゃる方なんだ!

あれもこれも 知ってるロゴやデザインばかり!

そういうことなら私でもわかるかも!ということで さっそく行ってみることに

 

今は チケットも事前にオンライン予約をしてチケット購入

本日 平日金曜日の15時からでチケット購入しましたが 美術館到着した15時20分頃には 15時の予約の人が40〜50人ほどでしょうか

長い列を作っていました!

えーっ 時間で買ってるのに待つの⁉︎なんて思いましたが わりとスムーズに列が進み10分かからないくらいで入場できました

 

 

では 中に入っていきます

 

佐藤可士和さんにとって ベースであり大切にしているのが 「絵とアイコン、整理、SPACE(スペース)」小学生のときから基本的なところは変わっていなくて それがこの展覧会全体を貫いているという

幼少期から絵を描くのが好きで ずっとクレヨンで絵を描いていたりだとか 

子供の頃に訪れた友人の とても整理整頓がされた部屋をみて衝撃を受け 自分でもさっそく真似をして 整った部屋の空間を感じたりと 

幼い頃から漫画の表紙やロゴ 標識などのマークに魅了されていたそうです

 

 

 

 

ADVERTISING AND BYOND

 

f:id:chantelu:20210416190025j:image

f:id:chantelu:20210416192211j:image

 

会場入ってすぐの広い部屋

このセクションでは 1990年代後半から2000年代にかけて手がけた主要プロジェクトから ビルボード、連貼りポスターなど屋外広告の傑作を 発表時のダイナミックなスケールで展示また広告キャンペーンの一環として展開されたグッズに加え、プロダクト、パッケージなども紹介しています

 

あーこれ知ってる!

これも!

なんて思いながらも それぞれインパクトがあり一目で何を伝えたいかも分かる

どれも とてもわかりやすい作品

テイストもそれぞれ ぜんぜん違うように思います

 


f:id:chantelu:20210416192623j:image

f:id:chantelu:20210416192620j:image

f:id:chantelu:20210416192617j:image

 可愛くて親しみやすいもの

シンプルでポップでインパクトのあるもの

かっこよくイメージできるもの

 

このセクションだけでも充分楽しい♪

 

 

 

 

THE LOGO

 

ここでは 私たちが日々慣れ親しんでいる数々のロゴを 巨大な絵画やオブジェへと物質化し 壮大なインスタレーションに展開

 

f:id:chantelu:20210416193612j:image

私たちが 街を出て歩いていれば必ずと言っていいほど目に入るさまざまなロゴ

圧巻です!

 


f:id:chantelu:20210416193409j:image

f:id:chantelu:20210416193431j:image

こちらは ここ国立新美術館のロゴ

これオシャレだなーと思ってたんですよね

こんなに緻密にデザインされていたなんて!

 

ダイナミックなロゴの展示と それらの設計図が展示されていて 

当たり前ですが 一つ一つがしっかり練られた作品なんだということが分かります

失礼ながら 私なんかのど素人は 紙やパソコンに向かって 『こんな感じかな〜』なんて描いたのかも と思ってしまったりしてしまった

きっちり計算されたものなんですよね 

当たり前です!ごめんなさい!

 

 

 

RAKUTEN PANDA MITSUI

 

f:id:chantelu:20210416194319j:image


f:id:chantelu:20210416194316j:image

 

パンダ!

 

楽天のチーフクリエイティブでレクターとして多岐にわたるプロジェクトを手掛けてきた佐藤可士和

楽天公式キャラクター 「お買い物パンダ」のディレカションもその一つ

このパンダはこの展覧会のために作られたのだそう

癒やされます🐼

 

 

 

THE POWER OF GRAPHIC DESIGN

 

紙を中心とする平面のメディアに展開されるグラフィックデザイン
このコーナーでは 選りすぐられたポスターと装丁デザインの傑作を紹介

 

f:id:chantelu:20210416232549j:image

 

 

ICONIC BRANDING PROJECTS

 

ブランドを構築するプロジェクトの全体を紹介するコーナー

 

私たちの身近な商品 様々なものが展示され壁に貼られる 

なんでシュールなんだ!

でもこれがこれで作品になってるような不思議な空間

 

f:id:chantelu:20210416195820j:image
f:id:chantelu:20210416195817j:image

私がよくお世話になるセブンイレブンの金の〇〇シリーズも!

つい手を伸ばしてしまう そんな商品ばかり

 

その先はNISSINのCMなど ユニークなキャラや映像を紹介

 

そしてさらにその先の広い空間へ

f:id:chantelu:20210416200516j:image

今治タオル』や『くら寿司』『ビューディエクスペリエンス』など

さまざまなブランディングの事例を展開しています

自分の会社がロゴやお店の空間まで素敵にプランディングされているのをみて とても羨ましくも感じます

 

 

LINES / FLOW

 

直線をテーマにした作品である「LINES」と 動力と重力だけで描かれた「FLOW」という作品を展示 

f:id:chantelu:20210416202014j:image

有田焼の陶板作品と組皿

直線だけで作られるいくつものデザイン また空と正反対の 釉薬の広がり 

改めて考えてみたら相性的で でも どちらも無限の可能性のあるデザイン

面白いな

 

 

出口手前では

ユニクロのグラフィックTシャツブランド『UTストア』

たくさんのデザインのTシャツが並び 購入することができます

 

 

ざっくり 紹介、感想を入れて参りましたが まだまだ紹介しきれていないコーナーや作品がたくさん!

 

無知な私でさえ とてもいい刺激になり色々な感情を覚えました

こんな つたない私の紹介で申し訳ない

それでも もし興味を持ったかがいたなら嬉しいなぁー 

5月10日までということですが ゴールデンウィークも多分混んでしまうでしょう

早めに 可能なら平日をおすすめします

 ※火曜日休館日

 

 今度は何をみようかな