ちゃんてる blog

毎日の生活で ちょっとずつ成長しレベルUPを目指すブログ

ヘアドネーションをした日

 

数年前になりますが 私は長年伸ばしていた髪をヘアドネーションをしたことがあります

 

ヘアドネーションとは 小児がんや先天性の脱毛症、不慮の事故などで頭髪を失った子どものために、寄付された髪の毛でウィッグを作り無償で提供する活動

 

これでも私は美容師のはしくれです

別に 偉そうに言っているわけでわなく ただ単にせっかく切る髪が少しでも人の役に立てるお手伝いができるのなら、自分の髪なんかでも少しでも役に立ててもらえるのならば使っていただきたいと思い 当時結婚式を終えて伸ばしていた髪を提供することにしたのでした

 

今回はその時の体験を書いていこうと思います 

 

 

ヘアドネーションで送る髪には いろいろな条件があります

  • 髪はしっかりゴムで束ねられていること(ゴムが緩くなったり切れてしまって髪がバラバラになってはダメ)
  • 湿り気のないしっかり乾いた髪(髪が湿っているとカビや雑菌が繁殖してウイッグに使えないことも)
  • 長さが31cm以上

 

それらを守り まずしっかり髪が乾いた状態からブロッキングをして何本かに髪をしっかり束ねていきます

f:id:chantelu:20201207231304j:image

 

 

そして束ねたゴムの上をカット


f:id:chantelu:20201207232919j:image

こんな感じで 何本かの毛束ができました

サイドの髪が若干長さが足りなかったかも💧

 


f:id:chantelu:20201207230454j:image

そして さらに全てしっかり束ね ジップロックに入れて送らせていただきました

 

15cmでも受け入れてもらえるところもあるようですが そちらは毛付きの帽子を作るのに使われるようです

 

 

ヘアドネーションを受け入れている団体はいくつかあります

それぞれに 送り先や送り方等 気をつけないといけない注意点が多いですので 事前にしっかりチェックしてから 美容師さんと相談してカットしてもらうといいと思います

送るときは もちろん送料は自己負担ですので 郵便局でしっかり重さを測ってもらってくださいね

送料の料金不足や不備も非常に多いようなので 

そうなると送り先の方に大変負担がかかってしまうので 気をつけましょう

 

 

 

ヘアドネーションをする目的で がんばって何年も髪を伸ばしてる人もいて感心します

だからといって決して

「さあ!みんなで髪を伸ばそう」と言いたいのではなく

たまたま このブログを見た髪の長い方が この事を知ってくれて 

「髪切りたいけど そんなのもあるのか〜」 なんて思って協力してみよう とか、「知り合いが髪切りたいって言ってたな〜 」ってたまたま そんな人がいたら ヘアドネーションてのがあるってよ!って教えてもらえたら嬉しいです